PDスタジオ

日々の出来事や興味のあることについて記録していきます。

競馬予想~OPオータムリーフステークス(京都11R)~

 

京都競馬場で開催されるOPオータムリーフステークスの予想をしていきます。

 

f:id:panic0693:20171126105442p:plain

 

 

 

 

オータムリーフステークス

 

このレースは2014年からこのレース名で開催されているレースです。

2013年には京都オータムリーフPとして開催されました。

レースの距離も2016年から1200mに変更されています。

 

今年は京都競馬場で1200mのダート戦に13頭が出走します。

 

 

前3走の成績

 

まずは前3走以内に1600万以上で3着以内になっている馬を選択します。

この条件に該当する馬は、

2、4、6、10、11

の5頭になります。

 

 

最終コーナーの通過順位

 

次に、前3走以内に最終コーナーを5番手以内で通過している馬を選択します。

5番手以内で通過している馬は、

2、6、11

の3頭です。

 

なお、4番のショコラブランは、直近の4走が地方競馬場でのレースのため、中央競馬での直近3レースを確認しましたが、条件を満たしていませんでした。

 

 

人気

 

オータムリーフステークスというレース名で開催された過去3年は、1番人気2勝、2番人気1勝と人気どころが順当に優勝しております。

京都オータムリーフPの勝馬も4番人気です。

 

このことを考えると、現在7番人気である11番ベストマッチョは本命から外すことになります。

 

 

馬齢

 

最後に過去の勝馬の馬齢をみていきます。

過去4レースの内の勝馬の馬齢は、3歳馬1勝、4歳馬2勝、5歳馬1勝となっています。

 

このデータをもとに本命馬を選定すると、

6番コウエイエンブレム

が本命馬となります。

 

 

本命は6番コウエイエンブレム

 

1番人気の馬が本命馬となってしまい穴党の方には価値のない予想になってしまったかもしれません。

ただ、この馬を一応押さえておく、軸として穴馬に流す、などといった使い方をして下されば幸いです。

 

しかし、今回は過去のレースのデータが4年分しかありませんでした。

そのため、データの母数としては非常に不安ではあります。

今後は母数の少ないレースにはどう挑むべきなのか考えていきたいですね。