PDってどういう意味?

ゲームや競馬、サッカーなど趣味よりの内容で書いていきます!

前3走の成績と脚質~GⅢ京阪杯②~

 

前回の記事に引き続いて、GⅢ京阪杯について検証します。

以下のリンクが前回の記事になります。

 

kintorediary.hatenablog.com

 

 

f:id:panic0693:20171122140934p:plain

 

 

 

 

2011年ロードカナロア

 

2011年の勝馬ロードカナロアです。

言わずと知れた短距離界の名馬ですね。

海外を含めてGI6勝を記録しています。

 

前3走の成績は、OP京洛ステークス1着、OP葵ステークス1着、500万下ドラセナ賞1着です。

最終コーナーの通貨順位は、6、2、1となっています。

 

 

2010年スプリングソング

 

この年の勝馬スプリングソングです。

このレースで重賞初制覇しています。

 

前3走の成績は、1600万下長岡京ステークス1着、GI高松宮記念9着、GⅢシルクロードステークス14着となっています。

最終コーナーの通貨順位は、2、9、4です。

 

 

2009年プレミアムボックス

 

2009年の勝馬はプレミアムボックスです。

この京阪杯を含めてGⅢを3勝している馬ですね。

 

前3走の成績は、GⅡスワンステークス6着、GⅠスプリンターズステークス11着、GⅢキーンランドカップ4着でした。

最終コーナーの通貨順位は、16、16、14になります。

 

 

2008年ウエスタンダンサー

 

2008年の勝馬はウエスタンダンサーです。

この勝利が、この馬唯一の重賞勝ちになります。

 

前3走の成績は、OP京洛ステークス2着、1600万下桂川ステークス1着、1000万下仲秋特別1着です。

最終コーナーの通貨順位は、7、3、5となります。

 

 

2007年サンアディユ

 

この記事で最後に取り上げる2007年の勝馬サンアディユです。

GⅡセントウルステークスを勝ち、GⅠスプリンターズステークスでも1番人気に推されたほどの馬です。

 

前3走の成績は、GⅠスプリンターズステークス2着、GⅡセントウルステークス1着、GⅢ北九州記念7着になります。

最終コーナーの通貨順位は、2、1、6でした。

 

 

前3走の成績

 

前半の記事では、

・前3走以内にOP以上で3着以内(1600万下優勝を含むか?)

という結論を出しました。

 

今回は、このOP以上で前3走で3着以内を記録していない勝馬が2頭います。

ただし、1600万下勝利を条件に加えるのであれば該当しない馬は1頭です。

 

1600万下での優勝を含めれば、10頭中9頭が該当します。

含めない場合は、6頭の該当となります。

 

 

最終コーナーの通貨順位

 

こちらも前回の記事では、

・前3走以内に最終コーナーを1桁順位で通過(5番手以内とするか?)

という条件を結論として出しています。

 

今回の勝馬の中で、プレミアムボックスがこの条件を満たしていません。

5番手以内とした場合も、プレミアムボックスのみが該当しません。

 

ということで、5番手以内に該当する馬は、10頭中9頭該当します。

 

 

総括

 

2つの記事にわたって、京阪杯の成績と脚質をみてきました。

とりあえず多くの勝馬を拾うには、

・前3走以内にOP以上で3着以内または、1600万下で優勝

・前3走以内に最終コーナーを5番手以内で通過

という条件になるかと思います。

 

ただし、該当馬が多いことが予想されるため、京阪杯には間に合わないかもしれませんが、今後は新たな条件とできる要素を考えていく必要がありますね。

 

京阪杯の最終的な予想については、また後発の記事にてまとめます。