PDスタジオ

日々の出来事や興味のあることについて記録していきます。

前3走の成績と脚質~GⅢ京阪杯①~

 

今週末には、GⅠジャパンカップだけではなく、GⅢ京阪杯も開催されます。

こちらについても過去5年の勝ち馬の前3走の成績と脚質をみていきます。

 

f:id:panic0693:20171122140934p:plain

 

 

 

 

2016年ネロ

 

2016年の勝ち馬はネロです。

GⅠにも出走した馬ですが、重賞の勝鞍はこのレースのみですね。

 

前3走の成績は、GⅠスプリンターズステークス6着、GⅡセントウルステークス2着、GⅢアイビスサマーダッシュ2着です。

最終コーナーの通貨順位は、2、5、直線のため除外となります。

 

 

2015年サトノルパン

 

2015年の勝ち馬はサトノルパンです。

この馬もネロと同じく、重賞の勝鞍は京阪杯のみになります。

 

前3走の成績は、GⅡスワンステークス8着、1600万以下道頓堀ステークス1着、OP米子ステークス8着です。

最終コーナーの通貨順位は、5、8、6でした。

 

 

2014年アンバルブライベン

 

2014年の勝馬アンバルブライベンです。

この馬は、京阪杯だけではなく、GⅢシルクロードステークスも後に勝っています。

 

前3走の成績は、OP福島民友カップ1着、GⅡセントウルステークス12着、GⅢ北九州記念4着となっています。

最終コーナーの通貨順位は、すべて1番手です。

 

 

2013年アースソニック

 

2013年の勝馬はアースソニックです。

この馬は、計4度京阪杯に出走し、優勝1度、3着2度を記録しています。

 

前3走の成績は、1600万下桂川ステークス1着、OP鞍馬ステークス3着、OP春雷ステークス2着です。

最終コーナーの通貨順位は、3、12、3となっています。

 

 

2012年ハクサンムーン

 

2012年の勝馬ハクサンムーンです。

GⅠで2度2着を記録し、1番人気に推されたこともある馬ですね。

 

前3走の成績は、OP京洛ステークス15着、1600万下1着、1600万下北九州短距離ステークス4着です。

最終コーナーの通貨順位は、アンバルブライベンと同じく、すべて1番手で通過しています。

 

 

前3走の成績

 

GⅠの時は、1つ格下であるGⅡを含めて、前3走で3着以内に入ったことがあるというのを条件としています。

そのため、GⅢならば、OP以上のレースで前3走で3着以内に入っているということを条件とすることになるかと考えていました。

しかし、実際はOP以上でそれだけの実績がない勝ち馬もいます。

 

1600万以下で優勝しているという条件を加えれば全頭該当できます。

ただし、OPクラスになる過程で多くの馬が経験する勝利なので、該当馬が増えすぎてしまう可能性もあります。

 

 

最終コーナーの通貨順位

 

こちらは、前3走以内に2度以上1桁順位で通過しているという条件が全頭該当で、絞れるかと思います。

 

もっと絞るのであれば1桁順位のところを5番手以内としてもよいかもしれません。

 

 

総括

 

京阪杯5年分の勝馬のデータをみました。

現状の総括としては、

・前3走以内にOP以上で3着以内(1600万下優勝を含むか?)

・前3走以内に最終コーナーを1桁順位で通過(5番手以内とするか?)

となります。

 

もう5年、もしくは他レースのデータを振り返って、修正していきます。