PDスタジオ

日々の出来事や興味のあることについて記録していきます。

マイルチャンピオンシップ振り返り

 

本日は京都競馬場にてG1マイルチャンピオンシップが開催されました。

結果を振り返っていきます。

 

f:id:panic0693:20171119164149p:plain

 

 

 

 

昨日の予想

 

 

昨日更新した記事でマイルチャンピオンシップの予想をしておりました。

その中で、私の本命は11番エアスピネルにしました。

 

詳細については以下のリンクよりご覧下さい。

 

kintorediary.hatenablog.com

 

 

レース結果

 

結果としては、1着は18番ペルシアンナイト、本命のエアスピネルはゴール直前で差され2着でした。

 

単勝馬券は逃してしまいましたが、複勝単勝の2倍買っていたため、マイナス収支は避けられました。

 

 

予想の反省

 

勝ち馬のペルシアンナイトですが、昨日の予想では、前3走の成績と脚質で判断した時点ではまだ残っていましたね。

この後、京都競馬場での勝ち星がなく消してしまいました。

ちなみに3着のサングレーザーもここで1600mで勝ちがなく外しています。

 

まだこのブログでは、このレースしか予想できていないため信頼に欠けますが、現時点では、前3走の成績と脚質での予想は悪くないということになります。

 

ただし、前3走の成績と脚質だけでは絞り切れない部分があるのは事実です。

今後も予想を続けていき、予想術について考えていきます。

 

 

最後に

 

個人的にはエアスピネルにG1タイトルを取らせてあげたかったので残念な結果になってしまいました。

次こそは掴み取ってくれることを期待します。

 

また、デムーロが年間最多G1勝利記録に並びました。

すべて違う馬というのも凄いですし、これだけ勝てると騎乗依頼が増えるのも納得です。

このレースはデムーロ以外にも6人の外国人ジョッキーがいましたが、全員が8着以内に入っています。

外国人ジョッキーが活躍する時代は続きそうですね。

 

日本人ジョッキーも彼らに負けず、結果を残してもらいたいですし、若手がどんどん突き上げてきて、競馬界を盛り上げてもらいたいです。