PDってどういう意味?

ゲームや競馬、サッカーなど趣味よりの内容で書いていきます!

「マイティーソーバトルロイヤル」レビュー

 

マーベルスタジオの最新作「マイティ・ソー バトルロイヤル」を遅ればせながら観てきました。

感想について書いていきます。

ネタバレになるようなことは、なるべく避けます。

以下は公式サイトです。

 

marvel.disney.co.jp

 

f:id:panic0693:20171117225735j:plain

 

 

 

マイティ・ソー バトルロイヤル

 

今回鑑賞した「マイティ・ソー バトルロイヤル」は、マーベルスタジオの「マイティ・ソー」シリーズの第三弾になります。

一応、マイティソー単独作品としては最終章となる予定です。

 

これまでに、単独作品としては「マイティ・ソー」、「マイティ・ソー ダークワールド」が公開されています。

また、ソー自体はアベンジャーズ2作品にも出演しています。

 

おおまかなストーリーとしては、ソーの姉であるヘラに、故郷であるアスガルドを侵略されてしまい、奪還のために戦いを挑むというものになっています。

 

 

コメディ要素が強くなり・・

 

この作品の監督がコメディを得意とし、コメディ要素が多くなっているというのは、前情報として持っていました。

まさに情報通りであり、初めからシリーズの雰囲気が変わったなと思わせる場面が多くありました。

 

ただし、これは好みが別れるところだと思います。

私としては、同じマーベルスタジオの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズほど笑えるわけでもなく、話の流れを切ってしまうこともあり、煩わしく感じる部分がありました。

 

もちろん、全体としては、様々なキャラクターが登場し、マーベルファンを楽しませてくれますし、今後への期待もさせてくれる満足できる作品になっています。

 

 

ヘイムダルとストレンジ

 

ここからは、個人的に好きなキャラクターの話になります。

 

まずはビフレストと呼ばれる、世界を行き来する橋を管理するヘイムダルです。

今回は、人々を助けるために行動することが多く、また髪形も合わさって、格好良い役になっており、今後の活躍も見たいと思えるほど、印象が良くなりました。

 

もう一人はドクターストレンジです。

こちらはキャラクターというより、演じているベネディクト・カンバーバッチが好きなだけです。(笑)

魔法で、ソーやロキを弄ぶ場面は釘付けになりました。

 

 

最後に

 

自分の思うままに書きましたが、マーベルファンはもちろん、この映画のラストが来年の「アベンジャーズ インフィニティウォー」につながるようなので、アベンジャーズに興味がある方も、この作品は観ておくべきでしょう。

 

短髪になったソーはすごくいいですよ。