PDスタジオ

日々の出来事や興味のあることについて記録していきます。

サッカー日本代表VSベルギー代表

 

こんにちは、PDです。

本日もよろしくお願いします。

 

f:id:panic0693:20171115225348p:plain

 

 

 

 

ベルギー戦

 

 

先日のブラジル戦に引き続き、11月14日にサッカー日本代表がベルギーとの親善試合に臨みました。

結果は皆さんご存知の通り、0-1での敗戦となりました。

 

ブラジル戦から連敗となってしまいましたが、ブラジル戦からも進歩した部分も見られ、楽しめました。

 

 

ブラジル戦から修正されたこと

 

ブラジル戦から修正されたことの最も大きな点は、守備にあるかと思います。

ブラジル戦では、プレスをかけれずに、チームとしても連動できずに崩されてしまうという場面が多々ありました。

 

しかし、ベルギー戦では序盤から守備に関してチームで意思統一ができている場面が多くあり、高い位置でボールを奪うこともありました。

 

また、CBの吉田と槙野の2人も良かったですね。

槙野があれほど体を張って、世界の強豪とやりあえるとは思ってませんでした。(笑)

 

あとは、長澤も初出場とは思えないほどよかったです。

攻撃面での物足りなさは少し感じましたが、守備での貢献度は大きなものでした。

 

 

気になってしまったこと

 

今回のベルギー戦で気になったことについて書きたいと思います。

 

まずは攻撃についてです。

この試合では守備に改善が見られ、ボールを奪うことができましたが、その後の攻撃への移行がスムーズにいかず、そのままチャンスを作れず、ボールを失うという場面がよくありました。

 

アジアレベルでは大迫に預けてから考えても何とかなるのかもしれません。

しかし、世界レベルでは、いくら大迫とはいえ、複数の相手に安定してポストプレーをすることはできません。

そのため、あらかじめチームとして約束事を決めておき攻撃を仕掛けるほうが、個人でなんとかできるわけではない日本代表にとってはよいのではないでしょうか。

 

 

浅野と久保

 

この試合では、浅野と久保の2人が右サイドのポジションでプレーしました。

まず、個人的にはこの2人はサイドの選手ではないと考えています。

2トップの一角で生きる選手のはずです。

 

浅野は技術的に問題があり、サイドでのプレーのバリエーションが少なく、ドリブルやクロスの精度に問題があります。

一方の久保も、技術レベルは浅野より上ですが、サイドアタッカーとしては物足りないレベルです。

そして何より守備がうまくありません。

今のチームにおいて、これは大きな欠点となり得るため見過ごせません。

 

現状はこの2人のどちらかが試合に出ることになりそうですが、個人的にはマインツの武藤や、Jリーグで活躍する右サイドの選手のほうがいいのではないかと感じています。

 

 

最後に

 

今回の試合では、守備面ではそれなりに渡り合えるのではと期待できましたが、攻撃面では不安を抱く内容となってしまいました。

 

本番まで時間は短いですが、選手選考、戦術といったものが納得できるものとなり、ベスト16以上の成績を残してくれることを楽しみにしたいと思います。